(内容その他変更されることがあります)

■9月20日(土) ■
【第1会場(ホール)】

開会挨拶
8:55
会長 鈴木 裕也

教育講演 Ⅰ
9:00〜 9:40
久村 正樹(東京医科大学救急医学講座)
「救命救急センターにおける摂食障害対策」
座長: 
石川 俊男
(国立精神神経センター)

教育講演 Ⅱ
9:40〜10:20
小倉 清(クリニック おぐら)
「思春期摂食障害の子どもと家族」
座長: 
遠山 尚孝
(跡見学園女子大学 臨床心理学科)

教育講演 Ⅲ
10:20〜11:00
井上 裕之(国立久里浜アルコール症センター)
「摂食障害と歯科・口腔衛生」
座長: 
松林 直
(福岡徳州会病院 心療内科)

会長講演
11:10〜11:50
鈴木 裕也(第4回日本摂食障害学会 会長)
「やせ願望との闘い四十年」
座長: 
中井 義勝
(烏丸御池中井クリニック)


総 会
13:00〜13:30

特別招聘講演
13:35〜14:15
坂東 眞理子(昭和女子大学学長、元・内閣府男女共同参画局長)
「女性の社会参画は何をもたらしたか」
座長: 
鈴木 裕也
(埼玉社会保険病院 名誉院長)

理事長講演
14:20〜15:00
中井 義勝(日本摂食障害学会理事長)
「日本における摂食障害の今日的問題点」
座長: 
福居 顯二
(京都府立医科大学院精神機能病態学)

教育講演 Ⅳ
15:10〜15:50
鈴木 健二(鈴木メンタルクリニック)
「アルコール問題を持つ摂食障害の特徴と治療」
座長: 
黒川 順夫
(黒川内科)

Debate
16:00〜18:00
「どうする、摂食障害患者の万引き行為への司法判断」
座長: 
高木 洲一郎
(自由が丘高木クリニック)
生野 照子
(浪速生野病院心身医療科)

D-1
「摂食障害患者の万引きの法的処分をめぐってー現状と問題点ー」
高木 洲一郎
(自由が丘高木クリニック)

D-2
「矯正施設における摂食障害の特徴と治療について」
浅見 知邦
(八王子医療刑務所、法務技官)

D-3
「司法精神医学から見た摂食障害患者の万引き」
中谷 陽二
(筑波大学大学院人間総合科学研究科)

D-4
「摂食障害患者の万引き事案の刑事弁護について」
清水 保彦
(清水法律事務所 弁護士)


【第2会場(A)】


9:00〜11:00
A- 1〜A- 4
 症 例(1)
9:00〜 9:40
A- 5〜A- 8
 症 例(2)
9:40〜10:20
A- 9〜A-12
 生理学・遺伝子
10:20〜11:00

ランチョン・セミナー(共催;ファイザー製薬)
12:00〜12:50
上島 国利(国際医療福祉大学 教授)
「昨今のうつ病臨床」
座長: 
大野 裕
(慶応義塾大学 保健管理センター)


15:05〜15:55
A-13〜A-17
 身体合併症

ワークショップ
16:00〜18:00
「中枢性摂食異常症の病態と神経・摂食調節物質」
座長: 
芝崎 保
(日本医科大学大学院)
粟生 修司
(九州工業大学大学院生命体工学研究科)

W-1
「神経性食欲不振症の病態における
 corticotropin-releasing factor の役割に関する考察」
大畠 久幸
(日本医科大学生理学・生体統御学)

W-2
「摂食障害における脳内ストレス情報処理と神経ヒスタミン」
吉松 博信
(大分大学医学部生体分子構造機能制御講座・内科)

W-3
「摂食障害モデル動物における側坐核ドーパミンの嗜癖的特性」
粟生 修司
(九州工業大学大学院生命体工学研究科)

W-4
「摂食障害遺伝子研究の最近の動向と候補物質」
小牧 元
(国立精神神経センター精神保健研究所)

W-5
「摂食障害の病態理解に向けた脳機能画像研究」
岡本 泰昌
(広島大学大学院精神神経医科学)


【第3会場(B)】


9:00〜11:00
B- 1〜B- 3
 体重・摂食(1)
9:00〜 9:30
B- 4〜B- 6
 体重・摂食(2)
9:30〜10:00
B- 7〜B- 9
 家族・社会復帰(1)
10:00〜10:30
B-10〜B-12
 家族・社会復帰(2)
10:30〜11:00

ランチョン・セミナー(共催;ファイザー製薬)
12:00〜12:50
(第2会場とジョイント予定)


15:05〜15:55
B-13〜B-17
 発達障害・小児

シンポジウムⅠ
16:00〜18:00
「摂食障害患者の社会復帰とサポートシステム」
座長: 
渡邉 直樹
(関西国際大学人間科学部人間心理学科)
小原 千郷
(東京女子医科大学附属女性障害健康センター)

S-Ⅰ-1
「摂食障害児の学校への復帰とサポート-養護教諭との連携-」
高宮 静男
(西神戸医療センター 神経科)

S-Ⅰ-2
「地域作業所の試みから見えてきたもの」
武田 綾
(国立久里浜アルコール症センター)

S-Ⅰ-3
「ネットワークシステムの構築-中間集団の出現と波及効果-」
野村 佳絵子
(龍谷大学社会学部)

S-Ⅰ-4
「家族会の役割について」
渡邉 直樹
(関西国際大学人間科学部人間心理学科)


■9月21日(日) ■
【第1会場(ホール)】


教育講演 Ⅴ
9:00〜 9:40
永田 利彦(大阪市立大学大学院 精神科)
「摂食障害に先行する併存症」
座長: 
野添 新一
(志学館大学)

パネルディスカッション
10:00〜12:00
「摂食障害の治療ー難治例をどう扱うかー」
座長: 
切池 信夫
(大阪市立大学大学院 神経精神医学)
瀧井 正人
(九州大学大学院 心療内科)

P-1
「治療抵抗性の慢性難冶例の治療」
切池 信夫
(大阪市立大学大学院 神経精神医学)

P-2
「在宅栄養療法を施行している神経性食欲不振症の2症例」
鈴木 眞理
(政策研究大学院大学)

P-3
「摂食障害難治例の治療-エンパワーメントと精神病棟隔離室のはざ間で-」
山中 隆夫
(鹿児島国際大学大学院)

P-4
「執拗な訴えのため居場所が無くなり入退院を繰り返していた症例の治療」
河合 啓介
(九州大学大学院 心療内科)


【第2会場(A)】


9:00〜10:00
A18〜A20
 ボディイメージ・教育
9:00〜 9:30
A21〜A23
 栄養・妊娠
9:30〜10:00

シンポジウムⅡ
10:00〜12:00
「結婚・育児をめぐる諸問題」
座長: 
山岡 昌之
(九段坂病院 心療内科)
傳田 健三
(北海道大学大学院保健科学研究院)

S-Ⅱ-1
「子育てが症状軽減、人格成長に有効であったと思われる事例」
中村 このゆ
(追手門学院大学 心理学部)

S-Ⅱ-2
「摂食障害患者の子育ての問題と家族の役割」
大森 美湖
(自由が丘高木クリニック)

S-Ⅱ-3
「摂食障害における育児問題とその援助」
岡本 百合
(広島大学保健管理センター)

S-Ⅱ-4
「摂食障害患者治療における『子育て』の意義について」
山岡 昌之
(九段坂病院 心療内科)

閉会の辞
12:00


【第3会場(B)】


9:00〜 9:50
B-18〜B-22
 治 療
9:00〜 9:50

シンポジウムⅢ
10:00〜12:00
「チーム医療をいかに行うか」
座長: 
坪井 康次
(東邦大学 心療内科)
熊野 宏昭
(東京大学大学院 心療内科)

S-Ⅲ-1
「摂食障害患者のチーム医療による入院治療
 -治療の要としての医師の役割-」
村岡 倫子
(心の杜・新宿クリニック)

S-Ⅲ-2
「看護師の立場から」
浜中 禎子
(元・東京医療センター精神科婦長)

S-Ⅲ-3
「臨床心理士の立場から-チームによる多層的治療システム-」
高橋 美智子
(浪速生野病院心身医療科 臨床心理士)

S-Ⅲ-4
「チーム医療で必要な栄養士の役割(栄養リハビリテーション)」
藤田 かほる
(東京医療センター 管理栄養士)


お問い合せは▼<事務局>
主催事務局:
埼玉社会保険病院5F北病棟内
〒330-0074 さいたま市浦和区北浦和4-9-3
TEL:048-832-4951(代表)  FAX:048-833-7527(代表)
運営事務局:
株式会社コンベンション・ラボ内
〒229-1133  相模原市南橋本2-1-25-603
TEL:042-707-7275  FAX:042-707-7276
E-メール:jsed4@conventionlab.net